絶品! ごはんにかけて絶対おいしいフィリピンのスープ、ティノーラ・マノックの作り方大公開

tinola manok soup

フィリピンの代表料理

 フィリピンは気温が1年中30度近いので、このようなさっぱりとしていて、しかもごはんにバッチリ合うスープというのは好んで食べられます。 フィリピンの代表的なスープというとシニガンスープが有名ですが、このティノーラ・マノックも大人気です。
 そこで今回は、このティノーラ・マノックの簡単な作り方を公開します。

YouTube

実際に作ってみた時の動画をYouTubeにUPしました! 本ブログと併せて、ぜひ御覧ください!

材料

とり肉 500g 骨付きのもの
サヨーテ 半分 無ければ冬瓜、青パパイヤ、大根等で代用
にんにく 5かけ  
しょうが 3切れ スライスする
青唐辛子 3本  
パティス スプーン2杯  
マジック・サラップ 小さじ3 水1リットルに対して小さじ3
黒胡椒 少々  
マロンガイ 1束 無ければほうれん草などの青い野菜
葉唐辛子 適量 あれば入れましょう、無くてもOK
大さじ3  
1リットル  

作り方

※今回は、時短のために圧力鍋を使用しています。

① 鍋に油を入れて熱する
② 油が温まったら、にんにくのみじん切りを投入
③ にんにくの香りが出てきたら、ショウガのスライスを1つ投入
④ 香りが出てきたら、玉ねぎのスライスを入れてよく炒める
⑤ 炒めができたらとり肉を投入する
⑥ とり肉の表面の色が変わったら、水を投入
⑦ アクを取りながら加熱する
⑧ アクが取れたら黒胡椒を投入
⑨ 圧力鍋の蓋をして5分加圧、加圧後20分置く
⑩ 20分たったら、サヨーテ、パティス、マロンガイ、青唐辛子を入れる
⑪ 再度蓋をして5分加圧する
⑫ 5分経ったら、火を止めて蒸気が出てこなくなるまで放置する

できあがり!

作り方のヒント

サヨーテが無い!

サヨーテは、冬瓜のような食感で、値段も安く、日持ちもして、味噌汁や煮物に入れても美味しいので、すごくオススメの野菜で、フィリピンのスーパーには絶対置いてありますが、さすがに日本ではなかなか手に入りにくいかもしれません。そんなときは、冬瓜、青パパイヤ、大根などで代用しましょう。実際、フィリピンの別の地域では、サヨーテの代わりに、青パパイヤを入れうところもあります。

マロンガイが無い!

これもフィリピン特有のものかもしれませんね。うちの庭にいやというほど生えてるんですが・・・。笑。ない場合は、青い野菜で代用してみてください。ほうれん草、葉唐辛子、などが良いと思います。

PATISが無い!

これもフィリピンなら普通にスーパーで買えるんですが、日本には無いかもしれません。そんなときは、タイのナンプラーか、日本で売っている魚醤を使いましょう。

マジック・サラップが無い!

これは、絶対日本では手に入りにくと思います。そんなときは、クノールのチキンスープの素に、塩と味の素をちょびっと入れてみてください。近しい味になります。

ティノーラ・マノック

 シニガン、サバオサバカ(牛のスープ)、サバオサイスダ(魚のスープ)などと並んで、フィリピンの人気スープの1つ、ティノーラ・マノックをご紹介しました。ごはんにすごく合うので、日本人の味覚にもマッチすると思います。私は、ランチは近所の安いカレンダリアでいつもこれかサバオサバカ(牛のスープ)を食べてます・・・。