1年1学期の感想

TOU-logo

1学期

受講前

 履修⇨13科目履修。
 ネットにいろいろ書き込まれている履修ヒントを念入りに吟味し、アカデミック・アドバイザーという専門の相談員の方とオンラインでやりとりしたりしながら、確保できる勉強時間も考えながら、自分の興味のあることになるべく近い科目を厳選して履修登録できました。特に、オンラインでの資料が充実していたのと、履修に関してアカデミック・アドバイザーさんのヘルプがあったので、苦労なく履修登録できました。
 ここで、1学期分の履修登録だけをするのではなく、1年間を通した学習計画をたてて、2学期以降に履修したい授業を「仮登録」しておくことができますので、4学期までの履修予約も済ませておいたほうが良いです。まず1学期が終わってから2学期が始まるまでにスクラッチから履修計画をたてなおして、履修登録するのはかなりたいへんなので、先にあるていど目星をつけておく(英語1なら英語2が続いて存在するなどの講義は先に仮登録したおくなどする)と、次学期の準備がすごく楽になります。

受講

 かなり授業に集中し、配布資料への書き込み、マーカー、ノート作成をなるべく手を抜かずに頑張った結果、テストではかなり余裕を持って回答できました。通勤時の電車の中でも受講できる云々と宣伝しているようですが、常に集中できる環境をつくって受講していたので、そういうことはしなかったです。
 その他、参考図書として指定されていた本を実際に読んだり、国立国会図書館へいって論文を閲覧したりといった動画の閲覧とオンラインでのテストの実施という枠に囚われない行動をふんだんに取った結果、充実した学期を送ることができたと思います。

受講終了

 結果⇨13科目単位取得
 全く手に負えないといった科目は1つもなく、すべての科目が、難しくても考えれば分かるものや、しっかり準備すれば乗り切れるものばかりでした。履修登録の際に、いろいろ調べて、適当にやらなったのが功を奏しました。
 また、勉強をすすめていくと、あきらかに苦手な科目がわかってくるので、授業の配信スケジュールに沿って、配信が始まったら、まず苦もなくできる科目をすべてやっつけてしまい、最後に行くほど苦手な(要するに十分に集中しなければいけない)科目を追い詰めていくという戦法で乗り切りました。
 また、単位認定試験のときに、テストではなく、論文の課題などが出ていることがあり、そういうった課題は、単位認定試験のかなり前から課題などが告知されるので、単位認定試験の時期になったときには、回答がすでにできているくらいにあらかじめすべて作り終えて準備をしておくと、余裕をもって単位認定試験のほうに注力できると思います。

タイトルとURLをコピーしました