セブ・マクタン島・新型コロナ関連ニュース 2020年11&12月

日本での新型コロナワクチン接種時期

covid19

2020年11月21日  
 テレビでしきりに放送している冬季の新型コロナウイルスの感染拡大状況ですが、GoToトラベルやGoToイートを一旦停止して人が集まらないようにしたほうが良いという意見も出はじめています。ここへ来て米国のファイザーとモデルなが相次いでワクチン治験の最終段階を終えそうだという情報が入ってきています。日本政府はモデルナ社から来年初頭から6月までに2000万人分(契約は2500万人分)、ファイザー社から来年6月までに6000万人分の新型コロナワクチンの供給を受けることになっている模様です。
 そして注目したいのが大阪3ワクチンと呼ばれている、より安全性を重視した日本産ワクチンの開発状況ですが、近く500人を対象にした治験をスタートさせるとのことで、それが終了すれば、今度は海外などで4万人規模の治験を行うとしています。大阪府知事によりますと、現段階では来年の6月以降年末までにかけて接種ができるように急ぎたいとしています。
時事ニュースの元の記事【https://bit.ly/3lWLiZC】(大阪3ワクチン)
時事ニュースの関連記事【https://bit.ly/393tWqk】(米国のとの差)
時事ニュースの関連記事【https://bit.ly/2ULthBl】(厚労省当該ページ)
記事の翻訳はDeepL【https://www.deepl.com/translator

同一カテゴリの記事一覧