セブ島のオスロブでジンベエザメを見る! – Diving in Cebu watch Whale Sharks

whale shark

セブ島南端のオスロブ
Watching Whale Sharks in Cebu / How To

  ダイバーになったら一生に1回はジンベエザメと泳いでみたくありませんか? 大抵のダイビングスポットは、ジンベエザメはレア中のレアアイテムで1年に1回見れれば良いなんてところも多いです。遭遇確率が高いといわれる場所でも100%見れるわけではありません。しかし、オスロブでは、民官一体となってこのジンベエザメの保護に取り組んでいる成果もあって、ほぼ100%ジンベエザメを見ることができる希少なポイントとなっています。

セブ島・オスロブ

オスロブってどんなとこ?

  オスロブはフィリピンのセブ島の南端にある場所です。セブ島の横にある小さなマクタン島にあるセブ空港から車で4〜5時間の場所にあります。

ベストシーズンはいつ?

  オスロブでは、1年を通してジンベエサメを見ることができますが、フィリピンには雨季と乾季があるので、やはり雨の少ない乾季(2月〜5月)がねらい目のシーズンではないでしょうか? セブには台風が直撃するという事はほとんどありませんが、やはり台風が多い6月〜10月はその影響を受けやく、雨やうねりが多くなりますので避けたほうが無難です。

オスロブへの行き方あれこれ

  おおまかに言うと、空港のあるマクタン島に宿泊して日帰りツアーや1泊ツアーなどでオスロブへ行ってジンベエザメを見て、残りの日はマクタンやセブ島の他のダイビングっポイントへも行きたい派か、オスロブで宿泊してジンベエザメをめいっぱい体験する派かに分かれると思いますが、お勧めは、マクタン島のリゾートホテルに宿泊して日帰りツアーでオスロブへ行くことです。

オスロブへの行き方の実際

  セブ島のセブシティにあるバスターミナルからオスロブ行きのバスが出ていますが、今回はマクタンに宿泊してオスロブへ日帰りツアーに行くことを前提に説明します。
  だいたいどのツアーも、朝の4時か5時にホテルにピックアップが来て、一度ショップ近くの場所で大きなバスか車に乗り換えてからオスロブへ行くのが多いみたいです。マクタンからオスロブまでは車で4〜5時間かかります。大抵の場合、朝食として簡単なサンドイッチと飲み物などが社内で配られます。ランチは2本目のダイビングポイントへ移動するボート上か近くの島で弁当が出るケースが多いようです。

ジンベエザメツアーのランチ
ジンベエザメツアーのランチ

お勧めのダイビングサービス

  オスロブのジンベエザメポイントへのダイビングですが、数か所あるダイビングサービスに送迎のバスや車がじゃんじゃん集まってきていましたので、実際予約と支払はマクタンのショップがやって、実際のダイビングは現地のダイビングサービスが引き受けているようです。日本人が結構多かったです。日本語を話せるスタッフも多いので問題なく過ごせます。
  ダイビングツアーを申し込む際にお勧めのダイビングサービスがあります。ハイミーズ・ダイブセンターさんジンベエザメツアーです。なぜここをお勧めするかというと、リンク先のページを見て頂ければわかる通り、ほんとうにたくさんの選択肢が用意されているんです。いかに顧客志向のサービスをしてくれているかわかります。しかも、マクタン島のダイビングでは、プライベート感満載のダイビングもガイドしてくれますので、オスロブのあとはマクタンでダイビングしたい人にも超おすすめなんです。

宿泊など

おすすめのホテル(リゾート)

  マクタン島には非常に多くのリゾートホテルがあります。すごくラグジュアリーであり、レストランも数軒入っていたりするので、外に出る必要がありません。とくにリゾートホテルの周りには、観光客目当てのローカルの人達がたくさん待ち受けていて、ホテルのゲートから旅行客が出てくるや否や、ぴったりとくっついてあれやこれやうるさく言ってきて、ゆっくり周りを見て歩くなんてこと出来ません。しかも、うるさくせっついてきて、自分がお土産物など見て買おうとするや否やガイドしてやったたんだから100ペソくれだなんどと言いがかりをつけてきます。ほんとうにうざいです。
  しかし、たいていのリゾートホテルは空港からホテルへの送迎サービスがありますので、これは非常に便利です。タクシーはわけがわかりません。英語もしゃべれないドライバーが多いです。いや、喋れるくせにしゃべらないのも多いです。旅行客と見るやすぐにぼったくってきます。ですので、リゾートホテルに泊まるなら、行きと帰りの空港送迎は有料でも頼むべきです。また、近場でもホテルからの移動はホテルの入り口でベルボーイにタクシーを呼んでもらうのが良いです。ホテルに出入りしているタクシーは、宿泊客をぼったくって、その客からホテル側にクレームが入って、ホテルから出入り禁止になることを恐れていますので、ほとんどの場合、嫌な思いはしません。
  マクタンのリゾートホテルですと、Jパークやクリムゾンなどが有名ですが、予約する際のポイントは、Hotels.com や Booking.com で、たまにセールをやっているので、通常料金より安い値段を提示しているところを探すことと、あとは、ホテル内にいくつのレストランが入っているかもポイントです。いちいち街へ出なくてもホテル内で安全に快適に過ごせるからです。

ホテルなんか安くていいんじゃ!という方へ

  マクタン島内の格安ホテルをホテル予約サイトで見つけるのは結構大変かもしれません。評価ポイントが低すぎるからです。評価の低い他のシェアルームやドミトリーと間違いやすく、あとで困ったことになるのが嫌で躊躇する人も多いんじゃないでしょうか? まあ、格安なのでしょうがないんですが・・・。その中でも、ここは良いんじゃないか? というホテルがあります。マクタン島のほぼ中心部にある「ホテル・カリフォルニア」です。(笑)。いや、ほんとにこの名前です。

ホテル・カリフォルニア
ホテル・カリフォルニア

  非常に格安です。1泊1000ペソくらい。(笑)。Jパークやらクリムゾンの1泊分の費用で何泊できることやら。とうぜん、部屋やサービスもお値段相応です。文句を言ってはいけません!。しかし、ここをお勧めするポイントがいくつかあります、

  まず、このホテルの真ん前に「ガイサノ・グランド・モール」というショッピングモールがあります。スーパーマーケットからファーストフード店、DIYショップから携帯ショップまでなんでもあって、超便利です。そして階下には、喫茶店と薬屋さんが、大通りへ出ればセブンイレブンといくつかのレストランがあります。非常に過ごしやすい地域です。とにかく格安でダイビングを楽しみたいという人にはお勧めです。

  さらに!このホテルのすぐ近くに、「桃太郎」という日本人経営の日本食の店があります!とんこつラーメンやカレーライスなど日本のソールフードが格安で食べられます!

Gaisano Grand Mall
Gaisano Grand Mall

  そして、なんといっても、空港からタクシーで来るのに、このグランドモールを知らない運ちゃんはいないということです。気を付けないといけないのは、マクタン島にはグランドモールがこの他にもあるので、ちゃんと「ガイサノ・グランド・モール」と言わないとだめです。しかし、この場所ならタクシーがわからないことはないので大変便利です。また、先述したハイミーズ・ダイブセンターさんはマクタン島内の送迎はすべて無料なのと、ガイサノ・グランド・モールなら間違いなくわかるので、これまたグッドです。ちなみにグランドモール前からダイブセンターまでは車で5分かからないくらいです。

ダイニング情報

フィリピンのストリート・フード

  フィリピンはストリートフードの種類が非常に多いです。そして、日本人が食べても大丈夫なものと、うーん、どうかわからないものもあります。
  まず、これは大丈夫だろうというものです。意外ですが見た目最悪の「バロット」は、まあ言ってしまえばゆで卵なので、たべてもへいきです。タマゴの中のすべての部位が食べられます。ほんとです。羽とか無理だろうと思うと思いますが、まったくへいきに食べられます。ほんとです。やってみてください。夕方から通りにおじさんが出てきて売ってたりします。ホテルのフロントで売っている場所をきけば、大抵教えてくれます。発泡スチロールの入れ物に入れて売っているので、受け取った時にはまだ暖かいです。これを、タマゴの上を空けて、買ったときにもらう塩とすっぱくてピリ辛のタレを流し込んでたべます。タバスコなんかあったら最高です。
  バロットは1つだけ注意点があります。それは、卵が何日目のものかということです。16日目の卵が見た目的にもまだなんとかなる範囲じゃないでしょうか? 20日以上のものは、形が完全にひよこなので、かなりグロいです・・・。買うときは、何日目か確認したほうが良いと思います。ちなみにホテル・カリフォルニアの近くの「Deca Homes 3」という住宅の入り口で売っているバロットは16日で丁度良いものです。いつも日が落ちる夕暮れ時におじさんが売りに来ます。

バロット
バロット

  あとは、バナナを串に刺して揚げた甘い「Banana-Q(バナナ・キュー)」。これも問題ないです。ハエを避けるためにガラスのケースに入れてあったりします。甘くておいしいです。

バナナ・キュー
バナナ・キュー

  あと有名なのは「isaw(イーサウ)」鶏の腸を串に刺して甘辛く味付けして焼き上げたもの。これは、たまーにですが、腸内をちゃんと洗浄しきっていないで焼いちゃっている店があります。餌が残ってたりします。そいうのみ当たっちゃった場合は・・・まあ自己判断でお願いします。

isaw
isaw

  さて、できればやめといたほうが良いストリートフードもあります。「ベータマックス」というふざけた名前のストリートフードです。(笑)。これは、鶏とか豚の血液をゼリー状に凝固させたものを四角く切って串に刺して焼いたものです。色が古くなったビデオテープに似ているからだそうです。じゃあVHSだって良いだろうが!とう突っ込みをしたくなるのは我慢してください。日本でVHSに負けたソニーが、ここではなぜか勝ったという事です。

ベータマックス
ベータマックス

マクタン島のライフハック的情報

SIMカード

  マクタン島のSIMカードは smart か globe telecomです。globeの場合、3日で1GBのプラン(GoSURF50)が50ペソ(日本円で110円前後)と安いので、3日おきにこれをグランドモールでトップアップすれば良いのではないでしょうか? スマートフォンにSIMカードを入れて50ペソロードしたら、「*143#」とダイヤルします。するとメニューが表示されるので、「GoSURF50」を選択し、次に出てくるメニューで「subscribe」を選べばOKです。

Globe TelecomのGoSURF50の注意点

  GoSURF50の期間が終了し、次の50ペソを購入するときとか、SIMカードを買ってスマホに入れるときですが、スマホの「データローミング」をオフにしておかないと、50ペソ入れた瞬間にネットにつながってしまい、一瞬で消費されてしまいます! 気を付けてください! GoSURF50期間が終わった時と、初めてSIMカードを入れるときは、データローミングを必ずオフにすること!

総評

 「ジンベエザメ」やはりダイバーなら1度は見てみたいですよね。オスロブは、マクタンから車で5時間近くかかるので、行くのがちょっとしんどいですが、ぜひ一生に1度は行ってみてほしいポイントです。5時間かけても行く価値はあるとおもいます。ジンベエザメを見ることができるダイビングは1日に1ダイブのみと制限されているので、何本も潜れません。2本目は近くの島などでのダイビングになります。大手のダイブセンターのウェブページなどを見ると、なんとなく2ダイブ以上できそうなふうに書いてあるところもありますが、よく読むとジンベエザメは1ダイブのみと出ているので、間違えないようにした方が良いです。

オスロブ・ダイビングの写真

オスロブ・ジンベエザメ
オスロブ・ジンベエザメ
オスロブ・ジンベエザメ
オスロブ・ジンベエザメ
オスロブ・ジンベエザメ
オスロブ・ジンベエザメ
ボートで水面休息
ボートで水面休息


 

spankyjpnビデオライブラリー
Spankyjpn Youtube Video Library

与那国島ダイビング 沖縄県与那国島の海底遺跡ダイビング!
Scuba Diving in Okinawa
(Yonaguni Monument)
チゲ鍋 日本人とフィリピン人がチゲ鍋を作る!
Spanky&Ericka cooks Korean Food
Manta Night Diving ハワイ島のマンタナイトダイビング
Manta Night Diving at Hawaii Island
minecraft マインクラフト!水中神殿の水抜き
minecraft マインクラフト!最初の夜の過ごし方

このカテゴリのページリンク
スキューバダイビング