フィリピン人からのお金の無心の断り方

credit-card

まずフィリピン人のお金の扱い方が日本人と違いすぎる

 そもそもフィリピンでは、外国人は、基本的に土地を所有したり、小規模な事業を起こしたりすることができないという事実が、邦人とフィリピン人のトラブルを生む原因になっています。よく「小さなレストランを始めようとがんばって出店のための作業を進めていたら、出店資金を全額フィリピン人の共同経営者にネコババされて露頭に迷いそうになった」などという話を聞きます。もうほんとうにこういう話はいくらでも出てきます。なぜなんでしょうか??

最も困ってしまうケース

 最も失敗する確率の高いケースは、フィリピン人側から事業を持ちかけられるケースです。本当は、セカンドオピニオンのために複数の人から情報を集められれば良いのですが、日本人側は、あらゆる面で相場価格もビジネスの習慣も何も知らない状態でビジネスに参戦するわけですので、嫌でもフィリピン人を信頼するしか方法は無いわけです。
 このようなケースの場合は、ほとんどの場合、フィリピン人が自分の取り分を密かに確保した上で話を持ってきます。例えば物件を借りる場合、フィリピン人がすでに場所の見当をつけたからと言って押してくる物件は、オーナーとの間で、毎月の家賃から何%かをそのフィリピン人に支払うとか、土地の購入資金の何%かがそのフィリピン人に渡るようにすでにお膳立てができていたりします。

自分では判断できないことばかりでお金だけが出ていく

 次に多いトラブルのケースは、昨日今日知り合った人の良いフィリピン人と事業をのんびりと始めようかなどと思っていたのに、次から次へと、あれが要る、これが必須などと無尽蔵に金が湧く泉でもあると思っているのかと言いたくなるくらいに金を使わせる。こういうパターンにはまってしまうと、すでに支払ったお金のこともあって後に引けなくなってしまい、結局資金がショートして、事業も起こせず、店の改修も途中放棄。みたいなことになってしまうケースが多いようです。当然フィリピン人側は、そうなることを見越していますので、最終的には邦人との間で「大げんか」になってくれることを期待しています。邦人はナメられているので、どうせ外国の地で損害賠償請求の裁判などできないだろうとたかを括っているからです。

ビジネスではなく個人の友達に関しても、息をするように簡単に借金を頼んでくる

 これもフィリピン人と仲良くなると必ずあることですが、友達・彼氏・彼女は平気で借金を申し込んできます。理由は様々で。「親が病気になった」「あなたにもっときれいな私を見てほしいから歯科矯正の代金を立替えてほしい」「学校の期末試験の費用が出せないから貸してほしい」。全部ウソとは言いませんが、最初から金をだまし取ってやろうと近づいてくる奴もいれば、本当にそのお金が必要で、すがるような気持ちで来る奴もいるというのがややこしい点です。悪意を持って返す気もないのに金の無心をしてくるやつだけしかいないのなら、すべて断れば良いだけなので簡単なんですが、実際にはそうでないケースも多いので面倒くさいわけです

実際どうなの!?

フィリピン人のお金に対する価値観

 筆者の知り合いの邦人と彼のフィリピン人の彼女の会話を聞いていて、日本とは随分違うなあとあ感じたことがありました。
 その彼女いわく、「叔母が病気になってしまい、入院したので150、000ペソが必要になった。親類縁者からお金を集めているが、あと10、000ペソ足りないらしい。なんとかしてあげたいからお金を貸してほしいけど、もし無理ならぜんぜん構いません。
 彼も叔母が入院したことは彼女の両親から聞かされていたとのことで、これは多分事実です。家族のつながりが非常に強いフィリピンでは、この手の話はしょっちゅう聞きますし、こういった話をしばらく放っておくと、「べつの親戚からお金を調達できたからあの話はもう忘れてね」となって、何事もなかったかのように振る舞ってきます。
 フィリピン人のお金に対する価値観は、どうも「お金は、そのときに持っている人が出し、持っていない人は感謝とともに援助を受ける」ということが大前提にあるみたいです。つまり日本や欧米などのように親子間ですらお金のやり取りをあまりしない国の人から見ると、理解に苦しむかもしれませんが、そもそも健康保険などの制度が全く無いフィリピンでは、皆が助け合って生きていっているように思えます。
 つまり、フィリピン人の友達があなたに借金を申し出るということは、それだけあなたを家族の一員として、または信頼できる友人の一人として見ているという事になるわけです。

金銭トラブル回避のためのたった1つのルール

 では悪意を持ったフィリピン人とそうでないフィリピン人をどうやって見分ければいいのでしょうか?? 答えは簡単です、知り合って間もない人間、飲み屋で意気投合しただけの人間には金の貸し借りは一切しないことです。このたった1つのルールで、かなりのケースのトラブルを避けられます。最低でも1年間はその人間を観察しなければ無条件の信用などはしないほうが得策です。

悪意を持った搾取者が配偶者だったらどうする?

 フィリピンパブやインターネットで知り合い、恋人関係になったり結婚したりした人は、要注意です。とくにその後フィリピンに住んでいる邦人はカモにされやすいです。なにからなにまであらゆる経費が水増しされている可能性があります。筆者の知り合いの極悪フィリピン嫁は、高額な家賃の家に住みながら、その家賃を何ヶ月も着服して、家の管理事務所からの再三の支払い要求もすべて握りつぶして、最終的には莫大な支払い命令が通知され、ようやくそれに気がついた友人が問い詰めたところ、別の島に浮気相手と家を買い、その支払に家賃をあてていたという、もう日本では犯罪レベルの悪行をされて、しかも家の金を自由に使うのは妻の権利だなどとふざけたことをぬかしていたそうです。そもそも不貞行為はフィリピンでも犯罪行為です。
 この友人はすでに離婚(アナルメント)が成立していますが、よく考えてみると、看護学校の月謝が20万円以上したり、遅すぎて使い物にならないインターネット代が月額で5万円だたりと、法外な値段のオンパレードだったそうです。しかも、フィリピンでは請求書も領収書も手書きで簡単に済ませるのが一般的などと大ウソをつれていたそうです。フィリピンでも公共料金はプリントアウトされたものが使われています。

悪意を持った搾取者が学校のクラスメートだったらどうする?

 フィリピンに留学できていて、クラスメートに借金の申込みをされた場合ですね。これも多く聞くトラブルの1つです。ただ、これはまだ簡単なほうです。なぜなら、クラスメートであれば、他のクラスメートや友達から、事前にその人物の情報を入手できるからです。お金に汚い、他の友達からも借金している、よくへいきでウソを付く。ような輩には金は貸してはいけません。

フィリピンでの金銭トラブル回避方法

 要約しますと、フィリピン人からの借金のトラブルを回避する方法は、以下のようになるかと思います。

  • 男女関係なく昨日今日知り合った奴を安易に信用するな
    これが日本人がカモにされやすい理由だと言う事を覚えておいてください。仲良くしていても、一定の距離を置くのが正しい外国人との付き合い方です。
  • 飲み屋とかフェイスブックで知り合った相手を信頼するな
    まあ、のぼせあがってしまっている人に何を言っても無理かと思いますが、これは本当です。ピーナちゃんだとかなんだとかバカみたいに鼻の下を伸ばしてブログでフィリピン嫁自慢をしていた奴、いまでもブログやってますか? まあみなさん例外なく飲み屋のフィリピン嫁とは結局は揉めて別れてしまってますよ。
  • 貧民街出身だから悪人と決めつけてはいけない
    よく日本人は相手の出身地や職業で相手を値踏みしますが、貧民街の出身者も未だ多いフィリピンでは、貧しい地域の出身だからといってそれが即金に汚い奴なのかというとそんなことはありません。まずしくても家族で助け合って楽しく暮らしている人は多いです。

フィリピン人からのお金の無心の断り方

 ここまできて、ようやくブログタイトルにある本題に入ります(笑)。フィリピン人から金の無心をされたら、相手を怒らせたり、傷つけたりしないで、どう対応すれば良いのかについて書きたいと思います。

はじめに自身のスタンスを分からせておく

 誰にでもへらへら中途半端な対応をしている人や所謂「八方美人」なひとは、金銭トラブルになりやすい人だと言えます。やはり、フィリピン人には「この人は一本筋の通った部分を持っているな」と相手に思わせることが大事です。しっかりした説明と根拠がなければ借金など絶対に応じない人なんだなと分からせることがまず一番大事と言えます。

人の前で格好つけすぎない

 次に、フィリピンなどの発展途上国でよく見かけるのは、「金持ちアピール」がすごい人です。本当の金持ちは自分が金持ちであることなど言わないものですが、人前で格好をつけて、金持ちアピールなどしていませんか? 
 いつも友達の飲食代を払ってあげたり、おごってあげたりしていませんか? そんなことをしていれば、「この人はお金持ちなんだな」と相手に誤解を与えることになり、金の無心の対象になります。

一度でも借金を踏み倒したことがあるやつには貸さない

 結局これが一番効果的なことですが、別の友だちの借金を返す前から、自分に借金を申し込んでくるようなやつは、フィリピン人でもろくなやつではありません。それが自分の彼女や彼氏ということであればなおさらつけあがらせてはだめです、「君は○○さんの借金も返していないだろう、まずそっちを返さなければ信用できなから貸せない」くらいは言うべきでしょう。そんなことで友情が壊れるくらいなら、その程度のやつなんだと思って距離をおいたほうが良いです。

身内や彼氏・彼女では正論は通らない・・・

 しかし、相手が彼氏・彼女または身内の場合は、前述のような建前論は全く通じない場合がありますね・・・。そのような場合は、やはり話の筋が通っているか、返済はどうやってするのか、返済が遅れた場合はどうやって償うのか、そういったポイントを話し合うべきです。もしも、彼氏・彼女が前の借金をかえしていないのに新たな金の無心をしてきたら、時間をかけて話し合うべきですね。あまりはねつけると、今度は、でっちあげの請求書などを持ってきて無心を始めますので、こちらもミエミエの嘘の請求書などを見せられると頭にくるでしょうから・・・。

日本のあたりまえは通じない

 最後になりますが、フィリピンでは「日本のあたりまえ」は「フィリピンの非あたりまえ」です。日本ではあたりまえのことがフィリピンでは全く通じません。フィリピン人と始めた商売で毎日の売上と経費を小遣い帳のような形で、エクセルに記入するといった日本なら小学生でもやっているようなことを、フィリピンでは学校をちゃんと出た大の大人が全くできません。深い溜息なんかついて嫌々やらされている感丸出しでやっています。ですので間違いだらけ、帳簿など合うはずもありません。
 そんな人にカネを貸すというのは、まあ、「くれてやった」くらいの気持ちでいないとだめです。ですので、今回のブログの結論としましては、「あげてしまう覚悟がないのなら、フィリピン人に大金を貸すのは絶対にやめましょう」。

このカテゴリのページリンク