フィリピンであなたの資金を守る良い方法

フィリピン人を人生の伴侶にしたいと思っている方に有益な情報を提供したいブログです

今回は、あなたの資金をどうやったら安全に運用できるかということに焦点を当てていきたいと思います。

 

 クレジットカード、デビッドカードをどうするか?

フィリピンでは、クレジットカードで決済をするのは非常に危険です。

スキミングなどの犯罪が横行しているからです。

しかし、フィリピンで生活するとすぐにわかりますが、「フィリピンでは、日本人があんまり考えつかないような突発的なトラブルが、当たり前のように発生します。

そんなときの最終手段として、カードを1枚持っているとほんとに助かります。

家に、カギをかけることができる棚を1つ買って、その中にしまっておいて、いざというときに使えるようにしておいたほうが良いです。

いざというときはどんな時かって?

  空港へ行ってその場で航空券を買って日本へ緊急避難するとき

と言えば、わかるでしょうか? そんな状況になったら、だれも頼れません。邦人を保護してくれるはずの日本公館も、個人の一文無し(困窮邦人)に金を貸してくれるほど甘くありません。頼れるのは自分とお金だけ、という状況に絶対にならないと言い切れないのがフィリピンの怖いところです。

悪いことは言わないので、緊急避難用にパスポートとクレジットカードをしまっておける鍵のかけられる場所を確保しておくことを強くお勧めします。

 

 日本円をどう管理すれば安全か?

これも、かなりやばい橋を渡っている人を数名しっています。

まず、絶対に言えることですが、フィリピンへは、必要な金額以上の金を持ち込まない方が良い。ということです。

そんな金があることが人に知れれば、ろくなことになりません。

あなたが持っている日本円は、そのまま日本の銀行に預けておけば良いんです。

日本と比べてフィリピンの銀行の金利は高いので、そこだけに目を付けて、自分の財産を全部フィリピンの銀行に移しちゃう人がいますが、絶対にやめたほうが良いです。

現在、日本の主な都市銀行のオンラインバンキングは、すべてワンタイムパスワードを使用する方式になっています。

これがなかなかの優れもので、このワンタイムパスワードの小さい機械がないと、資金の移動ができないようになっているのです。

最悪、銀行のパスワードなどがばれてしまっても、このワンタイムパスワードがなければ、資金を移動することができません。

ただ、パスワードが漏れてしまうと、預金残高は見れてしまうので、オンラインバンキングのパスワードは、厳重に管理しなければなりません。たとえ人生の伴侶といえども、このパスワードとワンタイムパスワードの機械だけは誰にも渡してはだめですし、できれば、オンラインバンキングを使っているところをみられない方が良いです。

日本の銀行のATMカードですが、できれば日本に置いてきた方が良いです。どうせフィリピンでは使えませんし。

 

 日本の銀行で管理している資金をどうやってフィリピンにもってくるか

これに関しては、最近、素晴らしいサービスができています。

レミット・サービス」と言います。

自分の日本の銀行の口座から、オンラインバンキングを使って、このレミットサービスの口座へ必要な資金を必要なだけ送金します。

しばらくすると、レミットサービスから資金が入金された旨を知らせるメールが来ます。

レミットサービスでは、あらかじめ登録した送金先に、フィリピン・ペソ(PHP)を送金することができます。

日本円でいくら分送りたいとか、フィリピンペソで何ペソ送りたいといった風に指定できます。

さて、このレミットサービスを使った場合の資金の受け取り方法ですが、いくつかの種類がありますが、一番便利なのは、フィリピン国内のいたるところにあるマネーグラムという資金の受取所のようなところへ行って、お金を受け取る方法です。

  つまり、あなたが、あなたのフィリピン人のパートナーに生活費などを渡したい場合は、あなたが銀行に行ってお金をもらってくるのではなく、レミットサービスで送金手続きを行い、あなたはあなたのフィリピン人パートナーに、レミットサービスの送金番号をつたえるだけで良いのです。

あなたのパートナーは、その番号と自分のIDをもって、最寄りのマネーグラムサービスカウンターへ行き、現金を引き出します。

当然のことながら、レミットサービスのユーザーIDとパスワードも極秘にしておいたほうが良いのですが、必要な資金を必要なだけレミットサービスに送るようにしておけば、銀行のセキュリティと合わせて二重のセキュリティーをかけることができるので、かなり安心ということになります。

 

 自己資金を守るためには見栄は張ってはいけない

どうしても、発展途上国の貧しさを経験しているフィリピンの人を前にすると、余計な見栄を張ろうとする人が多いですね、それがトラブルの始まりであることもしらないで・・・。

フィリピンの外食産業は、日本とは比べ物にならないくらい安いので、人によっては、自分のフィリピン人のパートナーのみならず、パートナーの友人や兄弟を連れて、毎晩のように外食して酔っぱらって帰って来る人がいますが、それは、自分が余剰の金を持て余しているという錯覚を周りの人に植え付けるだけでなく、裕福な日本人に対するローカルの人の憎悪のようなものを焚きつけてしまう結果にもなりかねません。

それだけでなく、フィリピンで強盗や盗難などの被害にあっている邦人は、夜間に酔っぱらって外にいた人が非常に多いのです。

一人&夜間&酒酔いと3拍子揃ったら危険

と思ってください。フィリピンは日本のように治安の良い国ではありません。どんなに昼間よく来る知った場所でも、夜間は別です。

強盗対策のヒントとしては、 道端の露店で20ペソくらいで売っている安物の小銭入れを1つ買って持っていることをお勧めします

その小銭入れの中に、2000〜3000ペソくらい入れておきます。金額が少ないと、強盗が納得しない場合がありますので、ここはケチらないでください。

もしも、夜、ホールドアップ強盗などに出くわしてしまったら、この小銭入れを渡してください。

強盗が納得できる金額であれば、それと携帯電話くらいで大抵は許してくれます。ですので、夜間はなるべく貴重品は持ち歩かない。貴金属類を身につけない。高級時計などをしない。ブランド物の服を着ない。などの防衛策が必要です。

なんで、こんなことをくどくどと書いているかと言うと、実は、ぼくの知り合いで、夜間にセブシティでタクシー強盗の被害に遭い、日本の銀行のワンタイムパスワードが入ったポーチを盗られてしまった人がいるからなのです・・・

これは、大変なことになります。ワンタイムパスワードの再発行なんて、めんどくさいし、下手したら受け取りのために日本に戻らなければならなくなります

自己防衛は、しすぎて悪いという事はありません。考えられる最善の策を講じておいてください。


 

spankyjpnビデオライブラリー
Spankyjpn Youtube Video Library

Manta Night Diving ハワイ島のマンタナイトダイビング
Manta Night Diving at Hawaii Island
minecraft マインクラフト!水中神殿の水抜き
minecraft マインクラフト!最初の夜の過ごし方


 

フィリピンのいろいろお得な情報コーナー


トリップアドバイザー



フィリピン英会話


マーリン・エンターテイメンツ・ジャパン株式会社



株式会社マリッシュ



しつけ


等身大フィギア


株式会社ハッピーブライダルサークル



婚活アプリ


婚活

このカテゴリのページリンク
フィリピン