フィリピン クオータビザ詐欺の被害拡大か

法外な手数料を搾取した挙句に放置

 フィリピンのクオータビザや不動産を斡旋している業者に高額な手数料を支払ったにも拘らず、数年間も放置されているケースが多発している模様で、ある被害者グループが近くフィリピンの裁判所に損害賠償請求の訴訟を起こすことが分かりました。この業者は、インターネットのメディアを駆使し、日本での説明会なども頻繁に行うなど、様々なメディアを狡猾に利用してユーザーを増やしており、社名なども変えるなどして被害者を増やしており、非常に悪質であり、被害者も多いことから、当サイトでも訴状を入手し次第、この悪徳企業の実名と、経営者の実名を公開し、これ以上の被害者を増やさないために、日本およびフィリピンの警察当局とも連携しながら、情報提供をしていきたいと考えています。

クオータビザってなんだ?

 さて、件のクオータビザのことをよく知らない方のために、簡単にご説明しますと、クオータビザとは、フィリピンに永住できて就職もできるビザです。アメリカでいうところのグリーンカードのようなものです。グリーンカードと違う点は、米ドルで5万ドルをフィリピン国内の銀行に預けられる資金的な余裕があるかどうかという点と、100万円を超える取得手数料を払えるかどうかだけでという簡単な基準があるだけという点です。5万ドルのほうは、フィリピンの銀行で残高証明を取ったら、すぐに引き出してしまってOKです。それに比べると、グリーンカードの取得はそうそう簡単にはできないですね。
 つまり、クオータビザは、お金さえ持っていればカンタンに取得できる永住権つきのビザということになります。更新のための条件も非常にゆるいので、よく「最強のビザ」などと言われています。
 しかし、クオータビザは、最強といってもどんな場合でもクオータビザをとれば良いというのは誤りです。場合によってはSSRV(退職者用ビザ)という選択肢もありますし、観光ビザを半年ごとに更新しながら30年もフィリピンに住んでいる人もいます。つまりフィリピンに滞在するスタイルや目的によって取得すべきビザも変わってくるという事です。ですので、相談に行ったらクオータビザばかりを勧めてくるような代理店は要注意です。

クオータビザの取得手数料にご注意

 さて、クオータビザがなにものなのか、少しだけ分かったところで、このビザの取得代金がものすごく高額だという部分に触れないといけません。まず、クオータビザを個人で取得することはリスクが非常に大きいです。提出する書類云々もありますが、年間で50しか発行できないビザを取り合うわけですので、移民局の担当者と太いパイプを持ったコンサルティング会社を使うのが最も安全な方法と言えます。この担当者が・・・そうです・・・袖の下を要求しているのです。そのためにビザの取得費用が法外に高くなっているし、個人にはあからさまに金など要求できないので、無視されるのです。まったくどこまでも腐っています。
 さて、優良な代理店にお願いした場合のクオータビザの取得にかかる総額ですが、上記のようなグレーな金もすべて含めて、2019年現在ではだいだい130万円から150万円が相場です。この金額は年々調子に乗った担当者が釣り上げていますので、少しづつですが高くなっていっています。ただし、上記以上の金額を要求してくるところは要注意です。インターネットなどを見ていると、200万円とか、なかには400万円なんてばかげた数字をさも当たり前にように書いている会社を見ますが、絶対にそんなにかかりませんから、そんな会社を相手にするのは止めましょう。

クオータビザ以外の選択肢も考えて

 さて、クオータビザは取得手数料が高額なので、本当に取得すべきかどうかを再度よく考えるべきです。もしもお金に余裕がある人であれば全く問題ないですが、やっとのことで借金までして取得するようなものではありませんよ。
 60歳以上で、フィリピンで働きながら(個人事業主かどこかの会社に就職して)生活するのでしたら、リタイヤメントビザ(SRRV)というのも1つの手です。年金をもらいながら、フィリピンでも働いて生活したいという人に向けですね。フィリピンでは介護士の資格を持った20代のメイドさんでも月給3~5万円くらいでカンタンに雇えるので、老後のために年金は貯金しておいて、フィリピンで働いた給料でとりあえず生活するようなパターンには最適だと思います。
 また、日本人は几帳面なのであまり知られていませんが、べつにフィリピンで現地の会社に就職しないのであれば、永住ビザなど取らずに、観光ビザを更新し続ければ最大2年は住めるので、2年ごとに親戚に生きてることを報告するためにもちょっと帰国して、またすぐ帰ってきて更に2年という具合にしていけば永遠に住んでいられます。日本に帰国しなくても台湾や韓国など外国に一度でてすぐ戻ってくれば良いだけなので、簡単です。筆者の知り合いに英国人の小説家で30年もそのパターンでフィリピンに住んでいる人もいます。収入は本国の印税で賄っているので、労働許可等も全く必要ないわけです。
 つまり、件の小説家のようにフィリピン国外から収入を得るのであれば特にビザは要らないという事になります。ただし、フィリピンのコールセンタなどで業務をしていて、給料は日本の口座へ振り込まれるので、観光ビザで良いかというのは「」です。これで60人もの邦人が一気に逮捕されたのは記憶に新しいところです。結局のところ、フィリピン人の雇用機会を奪っていないかどうかという点が重視されますので、ご注意ください。

最後に

 最後になりますが、人の弱みに付け込んで金を搾取しようなどという悪徳会社を許してはおけませんので、訴状が出次第本サイトにて詳細をリークいたします。ほんとうに同じ日本人として恥ずかしく思います。
 もしも、クオータビザの被害に実際にあわれている方で、独りで相談する相手もいない場合は、この画面のトップメニューの「CONTACT]から筆者にご連絡ください。同じ被害を受けている方や正義感の強い腕の立つ弁護士をご紹介します。

同一カテゴリの記事一覧