間違いだらけのダイブショップ選び in セブ

cebu diving

間違いだらけ、時には危険なダイブショップ選び

 セブではスキューバダイビングが盛んです。1年中気温が30℃近いので、ダイビングするにはもってこいの場所です。そこでダイビングライセンスを取りに来る人もたいへん多いです。しかし、そこには、いくつもの落とし穴が待っています。間違った認識で間違ったダイブショップを選んで、結果的に損をしたり病院送りになったりしないために、こここで、巷にあふれる間違った情報を検証しながら、どうすれば落とし穴に落ちないで、楽しいスキューバダイビングライフを送れるのかを解説していきたいと思います。


  

スキューバダイビングに対する間違った認識

 スキューバダイビングのライセンスを取得するのに本当は何日かかるか知っていますか?
実は、スキューバダイビングの初級ライセンスは、
 
・学科(厚さ2cmほどのマニュアルの5章あるセクションのすべての練習問題を解く、
・DVD(約3時間)をすべて視聴する、
・プール又はプールの環境に似た海の限定水域で60種類以上あるスキルをマスターする
・実際に海に出て、限定水域で練習したスキルを実際に使ってみる
・50問のマーク式ファイナルエグザム(試験)で75%以上正解する

 
本来、これらすべてのカリキュラムをこなすには3~4日ほどかかります。
では、今、巷でダイブショップが謳っている必要日数は何日ですか?
多くのショップは「2日」で取れるとしています。
まあ、取れるかもしれませんが、たった2日で上記のすべてを詰め込まれたら、
いったいどれだけのものを覚えていられるでしょうか?
本来4日かかるものを2日で無理やり終わらせるのですから、
トレーニング自体も相当ハードになります。
20キロ近い装備を背負って行動するのです。
日頃運動していますか? 
水泳は最低でも200m(25mプールなら4往復)立ち上がらないで泳ぎ続けられますか?
ダイビングの初級ライセンスは、体験ダイビングやシーウォーカーとは全く違いますよ。
 
お客さんの中には、ダイビングライセンスなぞ「安くて、ぱぱっと、簡単に」取れれば良いと思っている人が少なくありませんが、そういう考え方はお勧めしません。そういう人に限って、「こんなに大変だとは思わなかった」と言ってギブアップしていきます。ギブアップするのは勝手ですが、普通ダイブショップでは、お客様都合では返金してくれないところが多いです。
 
このような浅い認識でライセンスを取りに来て、途中でギブアップしたりしないためにも、運動能力に自信が無い人、耳抜きや水中でマスクやレギュレータを外したりすることが怖い人、口だけで呼吸できずどうしても鼻から息を吸い込んでしまう人など不安のある人は、体験ダイビングを一度やってみることをお勧めします。そうすれば、そのダイブショップさんが、どんなサービスをしているのか、どれくらい自分の負担をわかってくれているのか、インストラクターとの相性は悪くないかなど、事前にいろいろチェックできるからです。


  

ダイビングライセンスに対する間違った認識

 ダイビングライセンスなどどれでも同じだと思っていませんか?
いえいえいえいえいえ、ぜーーーっんぜん違いますよ。間違った情報に惑わされないでくださいね。
ダイビングライセンスは、ダイビング認定団体と呼ばれる団体が発行しています。
では世の中にはどんな団体があるのでしょうか?
PADI、SSI、NAUI,BSAC、GUE、・・・
ものすごい数の認定団体があります。
中には日本のセン〇〇〇スポーツ(正式な名称は伏せてます。笑)が独自に発行しているD△△S(正式な名称は伏せてます。笑)なる怪しげなカードもあります。

実は、世の中に数百ある認定団体がいままでに認定したすべてのダイバーの数を全部足した数よりも、
PADIという世界最大の認定団体が認定したダイバーの数のほうが多いのをご存知ですか?

 
そもそもライセンスカードは自動車の運転免許証とは違い、このカードを持っていないからと言ってダイビングしてはいけないということではありません。ではなぜライセンスカード(Cカード)が必要かというと、お客さんにタンクを貸したり、ガイドをしたりするショップが、そのお客さんに本当にタンクを貸したりして良いのかを判断するために必要なのです。
 
前述したD△△Sのカードを持ってきたお客さんが、PADIのアドバンスド・オープンウォーター・ダイバー・コースを取りに来たそうです。理由は、D△△Sのカードをセブのダイブショップで提示したら、「こんなカード見たことが無い、こんなカードを見せられても、あなたがどの程度の訓練を受けてきたのかを判断できないので、タンクは貸せない」と言われたからだそうです。大勢の他のお客さんの前でそんなことを言われ、顔から火が出るような恥ずかしい思いをしたそうです。認知度の低いCカードは、日本では通用するかもしれませんが、世界ではさすがに通用しませんよ・・・。まあ、そういうマイナーなところに限って、「世界で通用する」と謳ってるんですよね。ちょっと考えればわかることですが、そんなもん通用するわけないですよ。ご愁傷さまです。
 
PADI以外の認定団体の方々が、よく言われるのが、「PADIは事故率が高い」です。そりゃああたりまえですよ、ダイバーの数が何倍も違うんですから。言うんだったら、認定ダイバー1000人あたりの事故率でも出さない限り信用に値しませんね。世界最大の認定団体に対する単なる「負け惜しみ」です。


  

ダイブショップ選びに対する間違った認識

 
 セブのダイブショップ選びに少なからず影響を与えているものに、「俺の・・・」というサイトがあります。なにが俺のなのか全くわかりませんし、掲載されている情報も広告収入とアクセス数稼ぎのための薄っぺらい内容しか出ていませんので、まともな良識者の方は、こんなサイトに惑わされることは無いと思いますが(実際にちゃんとご自分でショップを吟味されて申し込まれる方は多いですが)、それでも、このサイトが、あるダイブショップを推していて、かなりの数の人が騙されているのをご存知でしょうか? このブログが、そのダイブショップを推している最大の理由が「料金が安くてサムギョプサルが食べ放題」だからだそうです。笑。そのサムギョプサル食べ放題のダイブショップですが、最近4人の日本人客を海難事故で病院送りにしたことで、業界内では有名です。大時化の嵐の日に十分な準備もせずにダイビングを催行したのだそうです。
 
 みなさん、このような人為的なスキューバダイビングの事故は、しっかりとした体制のあるショップではあまりないことです。しかし、このようないい加減なショップでは、時たま命に係わる重大事故を引き起こしており、ダイブショップ選びが非常に重要になってきています。ダイブショップを探している際に、以下のキーワードがあったら十分に注意してください。
 
・ライセンス取得の料金が他のショップよりも際立って安い
・ダイビングに関係ないことをことさらに強調している(サムギョプサルなど)
・認定されてティーチング可能な状態で保険に加入しているプロフェッショナルを使っているのか全く不明
・そもそもアシスタントにダイブマスター以外のランクの一般ダイバーを使っているかもしれない
・レンタル器材が恐ろしく汚い・古い
 
こういう大事な情報を出しもしないでサムギョプサル推しとか、笑うしかありません。
 
 そのダイブショップの良し悪しは、そのダイブショップの器材洗い場を見れば一目瞭然です。前述の「俺の・・・」でも推しまくっているあるショップに行ったときのこと。自己器材を洗わせてもらおうとしたところ、素晴らしいダイビングプールや施設にそぐわない小さな洗い場(洗い場自体は大きいが、水を張っているところが1つしかない)で、まずショップのレンタル器材をすべて洗いはじめ、すべて洗い終わって泥水のようになった汚い水の洗い桶を指さして「さあどうぞ、自己器材を洗ってください」と言われました。もう2度と行くことはないと思います。そういうショップに限って、ボートダイビングの行先を勝手に決めていて、一切リクエストに応じてくれなかったりします。
 
 一方で、洗い場を常に清潔にしていて、水も十分に取り換えられていて、頑丈な物干しもすぐそばにあり、ショップのレンタル器材よりも先にお客さんの自己器材を真っ先に洗ってくれるような素晴らしいショップさんもマクタン島には存在します。そういうショップは、器材に関する知識も深く、メンテナンスなどにも相談に乗ってくれますし、最新の器材に関してもよく知っています。もちろんレンタル器材も素晴らしい状態で利用できます。やはり、こういうショップに行くようにしたほうが良いですね。面白いことに、洗い場や器材に気を使っているショップは、ボートダイビングの行先などにも柔軟に対応してくれます。お客さんの熟練度や天候や海況によって、ベストなポイントを選んでくれます。


  

マクタン島で本当に信頼できるショップ

 こればっかりは、自分で探すしかないです。友達に勧められたからと言って、そのショップが本当に自分のスタイルに合っているのかどうかは、自分しかわからないわけですから。
 
ダイビングショップは、美味しいラーメン屋さんを探すのと同じくらいの労力がかかります。笑
 
 僕もマクタン島で信頼できるダイビングショップを捜し歩いて、かれこれ2年もたってしまいましたが、友人や知人に自信をもってお勧めできるショップは2つしか見つけられませんでした。この記事は、ダイビングショップを宣伝するために書いているわけではないので、あえてその2つのショップ名は出しません。もしも気になるようでしたら、この画面の上にある「CONTACT」というメニューを押して出てくる画面の一番下にあるメールアドレスに、個別に連絡をください。その素晴らしい2点のダイブショップをよろこんでお教えいたします。



  
 

spankyjpnビデオライブラリー
Spankyjpn Youtube Video Library

Destiny2でのコインについて Destiny2でのパワー値UPについて
Destiny2でのコインについて Destiny2でのコインの3と奇妙なコインの扱いについて
犬の共食い 白犬、茶犬を食べる ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
White Small Dog eats Big Brown Dog
イワシ・トルネード セブ・マクタン島でイワシ・トルネード!
Sardine Tornado at Cebu Mactan
与那国島ダイビング 沖縄県与那国島の海底遺跡ダイビング!
Scuba Diving in Okinawa
(Yonaguni Monument)
チゲ鍋 日本人とフィリピン人がチゲ鍋を作る!
Spanky&Ericka cooks Korean Food
Manta Night Diving ハワイ島のマンタナイトダイビング
Manta Night Diving at Hawaii Island
minecraft マインクラフト!水中神殿の水抜き
minecraft マインクラフト!最初の夜の過ごし方



このカテゴリのページリンク